Discommunication

日記帳

卒業研究

 中間発表が過ぎた。なんとか発表できたのであと半年の猶予を得た。

 留年が決まったのが去年の10月初頭、そこから研究を再開したのが今年の9月の第二週であった。2留が済んでの所で留保された事実は俺の中では大きい。

 

 実に1年の間、何をしていたのかというとこのブログの内容のごとく、何もしていなかった。中国語の勉強をしては投げ出したり、競技プログラミングの勉強をしては投げ出したり、将棋の勉強も今や投げ出そうとしている真っただ中。プリコネは辞めた。

 

 ただ、たとえ途中で投げ出したとしてもその過程が完全に無駄になるかというと、実はそういう訳でもない。

 例えば俺は競技プログラミングにおいてC++を用いていたが、研究を再開した際にはCで書かれていたコードをC++に変更した。それはインターネット上で参照したコードの大半がC++で書かれていた事が理由としては大きいが、利便性の問題も多々ある。

 例えばダイナミックな配列をひとつ定義するだけでも、C言語は"相当"面倒である。その点でC++に多少慣れていればさくっと定義できて、とても"扱いやすい"。

 

 そういった観点から見ると、短期的で無分別な完遂されない学習(そもそも特定の分野に関する学習に終わりはないが)であったとしても、何かしら活用される機会はあるのだなと言う気分にはなる。

 義務教育で無意味だと見做していた技術や家庭科や古文漢文の知識が生きるかもしれないし(本当か~?)(技術のはんだ付けとかは可能性としてはある)、そんな感じの気分になった。

 ちなみに専門的に学習しているプログラミングや計算機の知識については全くの皆無である。俺はCとC++を簡単に扱う事しかできない。javaはマジで書けないし、rubyも1年の時にサークルで少し習ったがもう分からん。でも学び直せば書けるんじゃないのか~?って気分はある。日本語話者が英語を用意に学べるかと言われるとそうではないが、プログラミング言語は多言語の学習が比較的容易な印象はある。所詮は低級言語をどのように表現するかに過ぎない

 

 話を戻して、中間発表はそんな中3週間強の準備期間で研究、予稿、スライド、発表練習という過程を経る必要があったが、まず無であった研究を2週間で最低限の形にした後、1日で予稿を書いて1週間かけて修正してスライドを6時間で作って発表の為の原稿を1時間で仕上げた。

 こうも馬鹿げた日程になるのは、偏に俺のたわけた精神性による。

 面倒なことは限界になるまで後回しにするADHD特有の症状は、実に小学生の夏休みの課題からずっと、俺の中に根付いている。というか高校になってからは夏休みの課題を夏休みが終わってから学校の休み時間で解いていた。提出が2か月遅れとかになっていて無関係な他の先生にその話を聞かれて笑われた記憶がある。

 

 閑話休題

 

 中間発表が終わったが、特に何か特別なことが起きるわけではない

 大学には研究以外で行く必要が無い。卒業に必要な単位は取り終えている。

 就職活動はする必要がある。もちろん研究も続行しなければならない。

 今から就活をするのは、実の所少し楽しみでもある。

 俺みたいに『卒業できるか分からない』から就活をしていない、といった人間を除けば(或いはこれらも無能として含めても良い)、売れ残った商品の在庫処分みたいな形になることは容易に想像される。

 正直やる気に満ち溢れた意識の高い人間と一緒に面接とかしたくないので、これはこれで有りかなという気分である。

 働く場所はどこでもいいが、コミケにはあと3年は行きたいから東京の近郊がいいな~とか皮算用もしている

 

 なんにせよ無事に済んでよかった。人生死ぬ気になれば大概のことはなんとかなる

 

散文

 ツイッターの良いところでもあり悪い所でもあるのはコミュニケートが双方向性である所

 俺は一方的に発言して一方的に観測したい

 だから俺は基本的には必要が無い限りアカウントから鍵を外したくない 俺のツイートがまかり間違って炎上したら面倒ではあるし、またそもそも他人に見られることを前提としたツイートをしない

 

 俺の文章は脳裏に浮かんだ文字列、感情の発露に過ぎない

 つまるところ意味は無く、単純にチラシの裏に落書きしているような感覚。もちろんそれはこのブログも含む

 俺のこのブログに有益な情報など皆無で基本的には訳の分からない文字の羅列が続いているのはこの記事を見れば分かるが、俺がしたいのはまさにそれ

 

 他人との関わりを断つと、自己表現の場は限られる

 とりわけ友人関係が希薄で、また関係性を保つことが苦手な人間である俺なんかは特にそう

 親しくなるほど嫌いになる傾向にある 俺の許容範囲は相手への感情に左右されないから、接触回数が増えるにつれて不快な出来事がstackしていって閾値を超えるともう無理だなとなる それとは別個に、人間的相性もあるが

 

 何が言いたいか 何も言いたくない

 俺はただ感情の羅列を脳裏に思い浮かんだ表現を表現として表現したい

 

 人生はストレスがたまる たいていのことは思い通りにいかない 自分でコントロールできるはずの事象ですらそう

 文章に脈絡がない 脳裏は破壊されている 思考回路が体系だっていない

 こういったことをつらつらつらつらつら書き連ねたいのが俺

 

メモ 対中飛車

 ・だいたい先手番構想

 

 相手が銀を右側に出してきたなら銀対抗を選ぶ。この形はこちらの方が角が使いやすいので若干の得。

 重要:77角とはしない(手数の無駄) 直接66角。

 相手が端歩を受けてこなかったら66角->77桂馬の形を作る

 端歩を受けられたら桂馬は跳ねずに97香車->98飛車とする

 実戦では端歩を受けられてこの状況(勘違いして77角->66角として1手損しているので実質後手番)。

 1手損が無い場合、飛車が既に回れているか、或いは相手が14の端歩を突けていない。

f:id:overthelimit:20200922180937j:plain

 この後相手が△35銀と銀+角をぶつけてきたら大人しく▲57銀と下がる(その後相手が再び44銀と下がって千日手模様になったら素直に応じる)

 △35銀に対しては、▲33角△同桂▲35銀△同歩で銀と角を互いに持ち駒にする展開も悪くない、しかし良くはならない。俺の感覚の話になるが、手順に桂馬と歩が進むので若干不満な気がする。技巧2('思考10s)もここから千日手を選んだが、30sにしたら打開した。形成五分だとこいつの指し手(最善手)は気分によってコロコロ変わるから信用ならない

 交換しても香車が浮いてるので方針は変わらず端攻めにはなるが、お互い駒を持って内容が難しい将棋になりそう。

 

 相手が64銀として(後手番なら46銀)左側に銀を振ってきた場合は66歩をついて対抗する。

 銀対抗にはしない。その為、相手が銀を44と64のどちらに出すか見るまでこちらの左銀は68で待機させておく。57に行くともう銀対抗しかない(画像の後手番側のように、銀角ぶつけて交換すれば形勢は五分ではある)

 

 

 

shogi

 先手番->中飛車をやる

 棒銀は早めに五筋交換

 角道突かない居合抜きには銀対抗

 43金持久には穴熊

 角交換は出来る時にする その場合は左金を初期位置か78金に添える

 その後77桂馬66銀の形を作れれば理想

 

 後手番->ゴキ中をする

 超速には銀対抗

 超急戦はそもそも挑んでこないが桂馬に玉逃げる当たりまで覚えればあとは力戦になるので雰囲気勝負

 対早石田に限っては棒金を指す 後手中飛車で対応すると飛車先交換の阻止が間に合わない上、その後回られたりで面倒 先手だと先に飛車受けて歩の交換を阻止できるので十分中飛車側も指せる気がする

 相振りの中でも相中と相四間は割といける

 筋違い角には腰かけ銀を覚える 今までは2回振って四間にしてから石田流っぽく組み替えてたけど流石に馬鹿

 

 

 早石田はもう辞めた

 そもそも先手ですら発動条件の限られる戦法を覚えるリターンがインターネット将棋だと少ない

 石田流で一方的にボコれるのって良くて級位者までだし、組めたら強いかと言われると割と手待ちになる場面が多くてなかなか捌けない

 ウォーズだと相手の得意戦法が分かるが、早石田はともかく中飛車なんて初手56歩なんだから戦う前から得意がゴキゲン中飛車と分かったとて、1手目でそもそも中飛車明示されるんだから戦略性に関わってこない

 インターネット上の知り合いと連続して指すような事もないし、そもそも研究されて潰されるような戦法でもない

 

 後手番だと飛車先2回ついて阻止する手法があるが、これにはもうノマ三する

 

 ウォーズ2段になった所で課金切れたのでクエストに移行した

 クエストはエフェクトが無い分軽く指せる気がする ウォーズは一手が重い

 感覚の話ではあるが

 四段が簡単な必死見逃して死んだり、級位者がやたらとうまかったりよくわからん環境ではあるが、終盤は俺含めてみんな雑魚いのは棋神がない影響が大きいのだろう

 俺はウォーズでは格上相手に状況有利を確信したら棋神使って殺す戦法を多用して2段になった男