Discommunication

その時に応じて流行ってる事を

FATAL TWELVE 読書感想文

 ネタバレ

 

 

  • 設定

 百合デスゲーム物

 話の流れとしては、主人公含む12人は既に死んでいて、超越存在によって復活させられる。そしてデスゲームで勝ち残った者だけが生き返ることができるとかそんな感じ

 

 現実世界で対象を物理的に殺傷することはできない。

 週に一度、夢の世界で会合があり、条件が揃えば対象を殺したうえで情報を奪うことができる。殺すために必要なのは名前・死因・未練の三つ。

 

 

  • 感想

 始めに行っておきますが私はエンディングを1つしか見ていません。

 

 このゲームの感想を端的に言えば、中盤だけは面白かった。あとはテンポよく話が進むのも良かった。特にデイグラシアのひぐらしチックなクソ会話読まされた後だと。

 設定は斬新だったが、最初は内容が理解しにくく、最後は全キャラが絆されて殺し合いが生じなくなった。

 これは俺がキラークイーンバトロワのようなものを想定していたのが悪いのかもしれないが、それでも序盤に人質取ったり力技でゴリ押して殺しまくってた連中が急に終盤で改心し始めたらビビる。

 大したプロットを決めずに適当に書いた結果、作者の心情や精神状態が執筆中に変化していってそれが作品に現れたのではないか。子供人質に取って人妻殺すような連中がなんで急に人助け始めるんだよ。

 

 こういう初志貫徹しない作品(あるいは作者の中ではしているのかもしれないが俺はそう感じなかった作品)は本当に嫌い。

 

 

 直接関係ないけど、デスゲーム物って主人公が基本的にキル狙わないせいで視点変更ばっかの群像劇もどきになるよな。策略練ってガンガン殺しに行く主人公いいと思うんですけど。取った選択肢で誰が死ぬか変わってルート分岐するとか。

 むりこぶのTHE GOD OF DEATHみたいな感じで行けば以外と売れるんじゃないか?

 

  • システム回り

 UIがマジでクソ。本当にクソ。これ以上ないレベル。デイグラシアのUIは『嫌い』だが、FATAL TWELVEのUIは『ゴミ』

 バックログが文字通り1行ずつ戻る。で、帰ってこない。上に5回ホイールした後にクリックすると上に4回ホイールした状態になる。舐めてんのか

 商業ヴィジュアルノベルのバックログはどのような形態が主流なのか市場調査をするか吉里吉里とかティラノスクリプト使えよ。

 まずバックログが1行ずつ戻る仕様の時点で-50点なのに、戻ってこなくて更に-50点だからシナリオが満点でも0点だわこんなゲーム。シナリオも良くて60点レベルだけど

 

  • その他

 3k以上するマルチプラットフォーム展開した同人ノベルはやたら評判がいいケースが多いですが、俺はサクラが居ると睨んでいます。

 あるいは中高生にとっては面白いのかもしれません。俺も幼い時分にNoesis読んで面白がってました。今読んだら・・・どっちに転ぶかはわからんな