Discommunication

その時に応じて流行ってる事を

ABC138 感想

 今回はC問題が簡単で、運よくEが解けたので4完1100点の水色perf。天才かな?

Contest Result - AtCoder

  • A

解くだけ

  • B

解くだけ 
出力例眺めてたら小数点以下が10ケタくらい出てたのでビビったけど、誤差10^-5以下なら許されると書いてあったのでdoubleで普通に出した

  • C

数学的な証明は全くしてないけど、サンプル見て小さいやつからくっ付ければ解けそうだなと思った。
sortして足してeraseするを繰り返したら通った

  • D

木構造まったくやってないから解けない
今はbit全探索とDPを勉強している 俺の時間は有限

  • E

s="abcd"
t="ca"
この時、s.find(t[0])は3文字目でs.find(t[1])は1文字目。
前の探索の場所をbefore、今回の探索の場所をafterと定義すると、
before=3, after=1;

アルゴリズムは以下のように書いた。
 afterがbeforeより大きい場合、answerの値はafter-beforeで更新される
 afterとbeforeが同じ場合、同じ場所にあるのでs.size()を加算する ex)s="ta",t="tttt"
 afterがbeforeより小さい場合、文字を1週する。answer = s.size()-before + after

  • F

見てない