Discommunication

その時に応じて流行ってる事を

ゴブリンスレイヤー(やる夫スレ/小説/漫画) アニメは見てません

 やる夫スレの時から追ってるが、漫画版が一番面白い。小説は文体がクドいのと中身がスカスカで毎回同じ文字列読まされるのがつらくて正直読んでられない。

 定型文が8割以上を占めている気すらしている。ゴブリンさんサイドが毎回人間や同族を馬鹿にして死ぬシーンとか、勇者が毎回太陽を爆発させているシーンとか文字数稼ぎたいだけだろ

 その点漫画版は動きがスタイリッシュだしサクサク進むしくどい文章読まなくて済むからいいね。擁護するとすれば小説も最初の3巻くらいは楽しく読めた。

 

・しゅくせい! ~悪役令嬢なので下賤な民を教育します~(なろう)

 面白い、天才

 

・灰瞳に機す(VN)

 面白かったが古いゲームなので、UIがキツい。

 画面比4:3、テキストが立ち絵の上に来る、0年代のころであれば違和感なく受け入れられたとしても、令和の今を生きる我々にはいささか重い

 とはいえ作品自体は素晴らしい。正直VNなんてストーリーが良ければ万事解決する。商業で売るには絵にリソース注いだ方がいいのも事実ではあるが・・・

 日常シーンがクソつまんねえ点も含めてひぐらしっぽい雰囲気があった。話は個人的に黒の方が好み

 

・Darkest dungeon(steamゲー)

 面白い、天才

 評価の高い洋ゲーはたいてい出来が良くて時間泥棒

 

・少女庭園

 筆舌尽くしがたい小説だった。もはや小説なのか?

 感覚的には4xゲームをAIにやらせて、終わった後のダイアログを眺めている感じに近い

 少女が閉鎖空間で探索して死んで殺し合って死ぬ話