Discommunication

その時に応じて流行ってる事を

ガラクタPCを買いました

購入したのはこちらのASUS Vivobook E203NA-232。お値段なんと5000円でのご提供となりました。

f:id:overthelimit:20180318003759j:plain

 

曲がりなりにも情報系の学科に籍を置いてる私ですから、とうぜんこの性能が実用に耐えないことは理解しています。

メモリ2GBでは一つ何か開いただけで埋まってしまうだろうし、ストレージ32GBではWindows10のOS分だけで半分は圧迫されるでしょう

それでも私はこの価格に夢を見ました

 

さて、家電量販店で買ったりすると、プリインストールで余計なアプリが入ってくるのはどうしても避けられません。もしかしたらASUS公式から購入してもそうなのかもしれませんが、帰宅してタスクマネージャを起動したところ、案の定マカフィーが暴れまわってこのパソコンのスペックを占有していました。

ストレージの空きも13.3GB。これでは無理がありますから一度OSを入れなおすことにしました。いわゆるクリーンインストールですね

そうして改めて起動したところ、空き容量は18GB程度になり、まあギリギリ許容できなくもない感じになりはしました。というわけでベンチマークを走らせます

いろいろありますが、キャッチーで簡単なドラクエXベンチマークを採用。いくつか走らせようとしましたがあまりに重いので何回もやる気にはなりません

f:id:overthelimit:20180318004628p:plain

これをどう評価するかは人によるでしょう

464モデルの人はこの倍近くのスコアをたたき出していました。5000円の投げ売りとかでないなら大人しくそちらを買ったほうがいいのは言うまでもありませんね

 

その他全体的な使用感として、外見はなかなかいい感じの質感です。天板がてかてかしていて、内側はマットな感じがあります。高級品には見えませんがそこまでチープ感もないです。キーボードはやや違和感を覚えます。比較対象が以前使っていたinsprion 15 7000で価格の差があるので仕方のない部分はありますが、キーによって打った時の抵抗がはっきり感じられるレベルで異なっている場所があり、いただけません

同様にトラックパッドも不安定でがたついていて微妙です。ギリギリ実用範囲内ではあります

バッテリーの持ちは7.6hということですが、7割で見積もっても5h持つので十分でしょう。サイズが小さいために重量も1kgを切っていてここは素直に評価できる長所といえます。ファンレスなので底面が熱を持ちますがこれも重量、サイズとのトレードオフでしょう

 

5000円なので損した感じはないですが、これに1万以上出そうという気にはさせられません。はっきり言って、メモリ4GBに満たないpcが現代に生まれたことそのものが驚きでもあります(去年の夏モデルらしいですねこれ

 

まあセールの時に買うのは大切で、ヤフオクで買うのはそこまでコスパに優れるわけではないのだなという学びをさせてくれただけでもこの機体の存在意義はあったといえます

ヤフオクではこの機体が中古で万越えで売れてました