Discommunication

その時に応じて流行ってる事を

日記13

 ※当ブログの管理人は博愛主義を抱えておりこの記事に女性の方または同性愛者の方に対する批判的な意図はないことをあらかじめ明記します。

 

 諸事情により国際展示場に赴くことになった。

 来る6/17。おれは同日開催されるイベントの内容を知らずにその場に立った。

 

 天は泣き、地は喚き、おれの視界は破滅的な光景に染め上げられていた。

 忌憚なき意見を言えば地獄だったとしか言えない。読者諸賢に際してはコミケの男女の人口比をそのまま入れ替えたものを想像してくれればいい。人口密度はそこまで酷くなかったが、なかなか見ない状況ではある。おれの足は東6を前にして鉄のように動かなくなった。ホールの奥に見える旗には『おそ松さん』の五文字が描かれていた。

 

 冷静になって周囲を見ると、収穫物を広げて座るオタク、飲み物を飲みながらベンチに座るオタク、みな女であった。ともすればおれは同性愛者と思われているのではないか。冷静に眺めるとオタクは男でもキツいが、見慣れてない女は更にキツい。ようするに体形とビジュアルの問題ではあるが、ともあれ足を進めなければ単なる徒労で笑い話にもならない。おれはおそ松さんのフラッグへ向かって歩き出す。

 

 当然だが中も女が95%以上を占めていた。男はおれを含めてポツポツ点在するのみで、おれが視線を向けた先では一人の男性が濡れ濡れムチムチの男二人が絡み合うポスターを展示してあるところで買い物をしていた。うむ。そうか。つまりきみはそういうやつだったんだな。

 精神が振り伐れたおれは適当に歩き回ることにした。視界に入るジャンルは多岐に渡ったが、どうもおそ松さんを除けばホモ同人の絵柄は耽美系と筋肉系の二系統に分かれるらしい。おそ松さんだけが原作再現の独自路線なのが面白い。その絵柄のエロ絵は見てて笑いを禁じ得ないなと思ったりもした。

 奥のほうでは背景集を売ってたり、コミケ染みた良く需要の分からないマイナーなサークルもあったが、おそ松さん以外で特に目を引いたのはコナン(というより安室)と黒子のバスケだった。後者についてはもう原作終わって結構経つのにまだ熱あるんだなと感じた。出し物もエロ同人よりはグッズが多く見られる。男性向けイベントと女性向けイベントの差異と言えるな。おれはそうひとりごち、そっとグラブルを起動してセレスト・マグナを自発した。その目は虚空だけを映している。

 

 ほうほうの体で目的であるパワポケのアレンジCDを手に入れたおれは、適当に眺めて帰るかと端に寄ると、誘導の列に引っかかった。女性向けイベントでも壁サーはあるんだなと感動を覚える。絵柄の質が大分違うので、人気絵師はどういう絵柄なんだろうという気分で見に行こうとしたが体力がなかったので諦めた。興味本位だったが、絵柄の質が女性向け作品は割と異なっていて、新鮮だったので実際気になる。

 イベントの開幕は異質感から身構えた、距離のある接し方だったが色々学んだ今ではもう成すがままになろうという諦観があった。

 エロ漫画をコンビニで売るなと主張する主婦がいるらしいが、もしそいつらを批判するオタクが居るなら一度このイベントに参加してみればいいと思った。

 相手の意見は相手の立場にならねば分からぬのだ。人は過ちを繰り返す。おれはゆっくりと新宿行きの電車内で紅茶を飲んだ。得も言われぬ苦みだけが口の中に後を引いて残っていた。

 

  ちなみにオールジャンルの女性向け即売会だったらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

日記12

 ナンバリングはたぶんあってる

 

 夏休みの宿題は最初にやる層、計画的にやる層、追い込まれてからやる層の三種に分類できる。専らおれは後者だったし、なんなら夏休み終わってから学校の休み時間に進めるくらいの勢いでやっていた。

 なので大学における実験のレポートもそのように進行した。具体的に言えば、1か月近く前に出された二種類のレポートと他の講義の課題が今日提出で奇跡的な一致を見た為に今週の頭が今まで地獄を見ていたわけである。

 なんだかんだで泣きそうになりながらも終わらせることには成功したが、終わってみると二日で終わる程度の課題なら軽いなと思うので喉元過ぎれば熱さ忘れるとは良く出来た諺だ。なんにせよ、提出することを優先してクオリティを極限まで下げたので単位の去就は怪しい。

 完璧を目指すより終わらせろという言葉を恣意的に解釈した結果がこれか

 

 ところで夏休みの宿題と言えば、高校の課題は混沌としていて、偏差値が40台のところに通っていたので相応のレベルの低さを感じさせた。具体的には英語は指定された10個~20個程度の英単語を10回ずつ行書する作業で、国語に至っては2000文字近い漢字の書き取りを行い、それにふりがなを振るといったものだった。社会は日本国憲法の特定の条を書き写す作業。理数はなぜか無かった。

 当然やる意味はないのだが、課題を出せと五月蠅いので仕方なく9月から10月末までちまちまと進めて秋ごろに提出した訳である。

 これに関して面白い教員の言い分がある。明らかに多く (3年時の冬休みにも同様の物が課せられた、人間ではない)、不合理な単純作業であるこの課題に対して生徒から不満の声が上がった時に彼らが返した答えは以下のものだった。

「課題を出さないと保護者が家で勉強をやらないと不満を言ってくる」

 なるほどと頷かされる。真偽の程は不明だが、この高校の偏差値を考えれば強ち嘘とも言い切れない。そもそも家で勉強しないからこんな高校に島送りにされているので今更ではある(おれを含む)。

 ようするに馬鹿の言い分に従って馬鹿みたいな課題を出した結果、しわ寄せが生徒に来ている訳だな。

 そもそも、一般受験で進学した人間自体が二けた行くか行かないかの高校でこんなことを文句言うのもおかしいしおれが間違っているのは認めなくてはならなかったとは思う。郷に入れては郷に従え。動物園に入ったら自らも動物と堕して即興劇をすることが求められる。

 

 ただし、本高校は自称するところの進学校であった(生徒の過半数が進学すると言う観点において) (過半というのも6割程なのでギリギリではある)

 実際スタディサポート(爆笑)やベネッセの良く分からん営業員が高校に来たことはあったので、某コピペに照らし合わせればなるほどギリギリ進学校、略してギリ進認定するのもやぶさかではないな

 

 要約して何が言いたいのかというと、そもそも課題を出すのはやめて出席も取らず全科目期末試験一発勝負にしてくれということを言いたかった訳です。

 ちなみにわたしは高校時代に赤点を取って夏休みに補講に行く羽目になった経験があります

 

 

 

 

 

 

 

e-sportsは素晴らしいコンテンツ

 土曜日にハースストーンのソウル(確証はない)で行われた大会を見たんだが、ち密なプレイングで積み重ねたアドバンテージがリッチキングのドロー1枚で吹き飛ばされてたのを見て哀しくなった。

 世界で最も売れているゲーム、ポケットモンスターをガチでプレイしていた経験談から言わせてもらうと運で負けるとマジでキレる。DSを2度投げて破壊した過去があり、壊れにくいという理由で初代に回帰した経験すらあるので言うけど、対面が見えない上で運で負けるとストレスは尋常ではない。だからリーグオブレジェンドやハースストーンを長時間ガチでプレイすると精神がやられる。味方にヤスオが3連で来て3連でそいつがフィードしたら次ヤスオが味方に来た時にtopでヴェインをしてしまうわけだし、ミラクルローグに理想ムーブでくるくるされるとイライラして大して強くもないメイジを持ち出してしまうわけだ

 ここら辺に脳の耐久性が求められる。気が狂っても正しい行動をとれる精神力、或いは過剰なストレスに耐えうる寛容性が求められるわけ。

 つまりE-sportsのEとはEndureのEなのだな。

 

 まあでもゲームなんて楽しければいいし、楽しさは脳内麻薬の分泌量に比例する訳で。

 何が言いたいかというと脳内麻薬出すだけならe-sportsで勝つよりグラブルでレア武器落とした方が質も量も上ってことなので、今日もグリームニルを30回倒そうと思います

 3か月でrank70->150にしたおれは強いぞ

 

 

 

英語の講義を英語でするな

 何言ってるのか分かんねえから何も出来ねえし何の成長もない

 そもそも講義を英語でする意味が分からない、もし聞き取れるのならそもそも受ける必要がないし聞き取れないなら何の意味もない

 何言ってるか確認できる訳じゃないからリスニングの勉強にすらなってない

 

 そもそも大学で英語を必修にするのをやめろ

 二外もそうだけど身にならないし意味ないしただやってるだけ、そもそも興味の無い分野ってのは必然的にそうなるんだから興味のある科目だけ取らせろ、せめて選択だろ。何のための単位制なんだ

 

 総じておれは怒りに震えている

 なので必修ですが今期は英語を切りたいと思います。留年に近づいたのは理解できましたがそもそも4年で卒業出来るなんて思ってないし精神的にも耐えられない

 

 一刻も早くこの大学が滅ぶ事をいまは祈っている

バケモン大学生の一日

事前知識。水曜日の3、4限には実験が有り、申告ナシでの欠席は落単になる。

 

  • 14時 起床

 3限は13時からなので当然のように遅刻で焦る。いつもは朝にシャワーを浴びてCOMPを飲むがそんな余裕も無く着替えて即家を出る。3限の間は実験の解説なのでまだ間に合う気でいる

 

  • 15時 大学着

 実験の説明が終わったらしく、全員が教室を移動するタイミングで到着したので流れに乗って定位置に付く。実験を始めようとして、資料を忘れたことに気づく。当然資料がないと何も出来ないし、睨めっこしながら進める必要があるので他人に見せてもらうのもはばかられる。ここでなぜか一度家に帰って取ってこようという発想になる。

 

  • 15時30分 家着

 資料を見つける。おれは何をしているんだという気分になる。

 

  • 16時 大学着

 出席を付ける時間になったので列に並ぶ。この際、自らの実験の進捗を申告するのだが当然のように操作を行った時間はゼロ分。なんなら何をするのかすら知らない。

おれ「資料の○○ページまで進みました」

 

  • 16時10分 実験終了

 家に帰る。こうして大学生の一日は終わる。

 

面白いコンテンツまとめ

 初めはグラブルの光有利古戦場について書こうと思ったんですけど、書くことがひたすら走った以外なかったのでやめました。代わりに俺がめちゃくちゃ面白いと思ったネットで楽しめるサブカルチャーについてまとめていきます

 

小説家になろう

  • ドラゴンキラー
    今の一押し。戦闘描写が熱いし文章も硬めだけど十分読みやすい。厨二感の溢れるルビとか混沌極まる設定とか全てが俺の趣味に合致してる。最高。
  • 極地恋愛
    これはノクターンノベルス(R18)にある。無人島でのサバイバルが題材なんだけど男女関係でごちゃついたりミステリーだったり突然バトルが始まったりと要素が凄い盛られててエンタメ性が高い

・やる夫スレ

  • 灰かぶりの魔女
    本当に面白いので見てください。俺にはこれくらいしか言えません。
  • カードを引くようです
    良くも悪くもやる夫スレでしか出来ない題材だと思いました。原作の設定を引っ張ってるからなんだけど、まあ登場キャラの大半を知らないとしても普通に楽しめるとは思います。舞台設定が素敵で戦闘もe-sportsを感じますね。

・漫画

  • 堕天作戦
    物語の舞台が広くて、設定が把握しきれないくらいごちゃついてるのが好きなんですよね。ランスとかもそういう所が好きなんだけど、この作品もそんな感じ。

日記11

 大学始まって1週間で熱が出た。マジで有り得ない。休日、喉が痛いし寒気もするということで体温を計れば38.8を記録した。下がった今ものどの調子は悪いし鼻水も止まらない、学生としての資格が欠如しているな、社会人としてのそれもないが

 

 財布と時計が欲しくて仕方がない。外見、ファッションに拘りはなく単純にそれら小物を俺が好んでいるというだけである。なのでブランドに興味はないし、デザインが好きで機能要件を満たしていればよい。例えば、時計ならばムーブメントが電波かクォーツなら良し。風防もサファイアが良い。自動巻きは調整が面倒で気軽に使おうと言う気になれないし、擦り傷で見栄えが悪くなるのも嫌だ。財布は俺は昔から二つ折りを使っている。ポケットに収まるのが良い。

 今使っている時計はORIENTの海外モデルであるダイバーウォッチ\12000。ORIENTは国内向けでは日本製自動巻きという売り文句らしいが俺は前述したようにクォーツか電波以外人権を認めていないのでクォーツ。ダイバーウォッチはいかにもなゴツいデザインが良いし、ベゼルがかっこいいし文字盤も見やすい。機能美と外見のカッコよさを満たしていてとても良い。クロノグラフは高校の時はカッコいいと思ったが今にして思うと余り好きにはなれない、感性が変わったのもあるが普通に見にくいしごちゃついててわけが分からない。

 財布に2万程度、時計に4万程度出して新しいのを買うのが良い気がしているが、なにせ様々な理由で金がない(食事とソシャゲが大半の原因)のでいつ買えるかは未定。毎日100円貯金すれば20か月で買える計算になるな、卒業祝いかな?

 

 美少女gameに対するモチベーションの低下について、まあやる気がないなら無理にやる必要もないだろと言われればごもっとも。しかしまあ、枯れるには早いんじゃないということで無理くりプレイしようとしているが、何クリックかしたところで挫折するのを繰り返していて微塵も進まない。ランス10は楽しめたし、恐らくサクラノ刻も出たら楽しめるのだが、新規開拓という点では問題がある。このままだと瀬戸口の新作やってフェードアウトすらありうるが、ゆずソフトの新作でも買って頑張ろうか。

 

 代わりといってはなんだが、いわゆる一般文庫に最近ハマっている。元来読書は好きな方で中高ではよく休み時間に読書していたし、大学に入ってからも隔月1冊くらいのペースで読んではいたが最近は1月2冊ペースで読んでる気がする。実に4倍である。電子書籍(KINDLE)を使い始めたのが主な理由で、退屈な講義の時間に読める(???)し、ちょっとした空き時間でちまちま読み進められる。これが物理書籍だと開くのにおっくうでまとまった時間と空間が求められるが、電子書籍スマホで1タッチだから素晴らしいと思う。場所も取らないし、あらゆる文芸作品は電子媒体でも売るべきだな。

 特に読むジャンルにこだわりが有るわけでもないので、大半は売り上げランキングで上からあらすじ見て面白そうなのを買うとか、或いは昔の名作と呼ばれている物をよく買っている。新規開拓する意思はないしそこまで造詣が深い訳でもなく、売れている物は面白いのだろうという理屈である。実際、電子書籍化されている作品は発行されている文庫全体に比べれば一割にも満たないと思われ、電子化されている=売上があって面白いと担保されているも同然であり、その上澄みをすくっていけば楽しめるのは必然だ。

 そんな訳でボトルネックは読後感、余韻を楽しめる素晴らしい小説だし、レッドスーツのような海外のエンタメ的SFも面白いし1984年みたいなディストピア小説も面白いよねとかいった感じです。とくに1984年は男女関係の生々しさが魅力的で、一般の恋愛小説なんかに比べても余程キャラクターに愛着が持てますね。これは美少女ゲームで言うキャラゲーとシナリオゲーにも言えることで、話に没入できるほどにキャラクターにも愛着が持てるので、適当に売れそうな記号盛ったキャラクターをさくっと惚れさせていちゃいちゃはい終わりスタッフロールみたいなゲームやってもヒロインになんの感情も持てないわけだな。話の主軸が面白いからヒロインも可愛く感じるんだ、わかるか?だから俺は二度とSMEEのゲームは買わない。

そういう方向性に需要があることも理解しているのでそれ以上の批判はしない。